一生の付き合い?糖尿病になった人の食事療法や運動療法から予防法を学ぶ

糖尿病

糖尿病とは、ブドウ糖をコントロールしているインスリンが不足し、慢性的に高血糖になる病気です。糖尿病は、一度発症すると、一生付き合わないといけなくなるといわれています。自分には関係ないと思っている方も多いと思いますが、実は糖尿病予備軍といわれる方はかなり多いといわれています。

健康診断などで血糖値がやや高いと言われている方は、まだ糖尿病予備軍のうちに、食事療法や運動療法を知識として持ち、今から予防のために食生活を改善しましょう。

糖尿病の症状とは

糖尿病となり、血糖値の高い状態が続くと、以下のような症状があらわれます。

  • 頻尿になる
  • のどが渇く
  • 疲れやすい
  • 体重が急激に減る
  • 目がかすむ
  • 手足がしびれる

etc

糖尿病でも軽症の場合は自覚症状がないことが多く、発見が遅れてしまう場合もあるようです。

糖尿病の原因とは

糖尿病とは、ブドウ糖を調節しているインスリンが、すい臓から分泌されず不足している場合や、十分に作用しない場合などが原因で、慢性的に血糖値が高くなることで様々な症状を起こす病気です。

遺伝的な体質も影響されますが、過食による肥満や運動不足、ストレスなどの生活習慣や加齢といった要因が加わって発症する場合もあり、「生活習慣病」ともいわれています。

糖尿病が引き起こす合併症とは

高血糖が続いたことにより、細い血管が傷むことでさまざまな合併症が起こります。特に細い血管が集中している目や腎臓などは症状が起こりやすいといいます。

網膜症になると、視力が低下し、進行すると失明の恐れもあります。腎臓障害が悪化して、腎不全に陥ると人工透析が必要になったりします。

その他、神経細胞への血流が滞ることで、手足の神経障害が起き、手足のしびれや痛みが出たり、逆に痛みを感じにくくなる場合もあるようです。

また、糖尿病の人は白血球の働きが低下し、感染症や歯周病を併発しやすいといわれています。その他、脳血管に対する影響もあり、高齢者の方は認知症になる危険性が高まるともいわれています。

糖尿病になった人の食事療法とは

食事療法

糖尿病の治療法には、食事療法というものがあります。
糖尿病になると、食事によって体内に取り込んだブドウ糖をうまく代謝できなくなるので、食事によって体内に取り入れるブドウ糖(炭水化物)の量自体を制限することで、血糖値の上昇を防ぐ治療法となります。

食事制限だけにとらわれず、主食・主菜・副菜を組み合わせ、1日3食にわけて栄養バランスのよい食事をすることで、血糖値の上昇が緩やかになり、合併症の発症をできるだけ防いでくれます。野菜、海草、豆類などの食物繊維は、糖の吸収を遅らせ、血糖の上昇を緩やかにしてくれます。

アルコールや糖分を多く含む甘いお菓子などは、急激な血糖の上昇につながるので控えることになります。

糖尿病になった人の運動療法とは

スロージョギング

糖尿病の治療法には、食事療法以外に運動療法があります。
運動をすることで、エネルギーとしてブドウ糖が消費されるため、血糖値が下がり、脂肪も燃焼され、症状の改善につながります。

運動といっても激しい運動ではなく、ウォーキング、スロージョギング、サイクリングなどの有酸素運動や、軽い筋力トレーニング、血行を良くするストレッチなどがおすすめです。
一時的な運動だけではすぐに戻ってしまうので、1日30分~1時間程度の有酸素運動を習慣化することをおすすめします。

糖尿病になった人の薬物療法とは

インスリン注射

食事療法や運動療法を行っても血糖のコントロールが十分でなく、高血糖が続く場合は、病院からの薬によって血糖値を下げる薬物療法を行う場合があります。

薬物療法には、飲み薬と注射があり、糖尿病の治療というとインスリン注射を思い浮かべる人も多いと思います。すい臓からインスリンの分泌が保たれている場合は主に飲み薬による治療ですが、飲み薬で改善されない場合や、インスリンの分泌が十分でない場合、一時的にすい臓を休ませる場合などの目的でインスリン注射を行う場合があります。

注射器は万年筆タイプのもので、注射する場所は主に腹部のようです。インスリンの種類は複数あるようで、注射回数は毎食打ったり、就寝前に打ったり、状態に応じて注射の回数やインスリンの量・種類が変わってくるようです。
細い針であれば、ほとんど痛くないようですが、1日に何度も注射するのはさすがに嫌ですね。

まとめ~糖尿病を予防するには~

糖尿病の原因や治療法について述べましたが、糖尿病にならないようにするにはとうすればよいのでしょうか?

遺伝や加齢はどうしようもないとして、糖尿病を予防するには、食べ過ぎ飲みすぎを抑え、日頃からバランスのとれた食生活をすることが大切です。また、1日30分~1時間程度の有酸素運動を継続し、規則正しい生活習慣を送ることが糖尿病の予防につながるといえます。

また、なるべくストレスをためないように、リラックスできる環境づくりなど、自分でコントロールできる部分については、気を付けて自己管理をしていきましょう。

関連記事

  1. 痛風

    痛風になってからじゃ遅い!プリン体など尿酸値が高まる原因と予防策とは

  2. コレステロール

    血液ドロドロ!悪玉コレステロールや中性脂肪を下げる食事とは!?

  3. 有酸素運動

    みんなが勧める有酸素運動はなぜ健康にいいの?そのワケは!?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 有酸素運動 みんなが勧める有酸素運動はなぜ健康にいいの?そのワ…
  2. 糖尿病 一生の付き合い?糖尿病になった人の食事療法や運動療…
  3. 痛風 痛風になってからじゃ遅い!プリン体など尿酸値が高ま…
  4. コレステロール 血液ドロドロ!悪玉コレステロールや中性脂肪を下げる…

人気記事ランキング

  1. 有酸素運動
  2. コレステロール
  3. 痛風
  4. 糖尿病

おすすめ記事

  1. 有酸素運動
  2. 糖尿病
  3. 痛風
  4. コレステロール
PAGE TOP